2005年08月13日

情報の10の特質

私が高校の教科「情報」の教科書の編集にたずさわっていたときに「情報の10の特質」というのにぶちあたりました。
これが結構おもしろいのです。特に「デジタル情報」はまったくこの特質に当てはまります。

1.情報は無限に創造できる。
 資源もエネルギーも使わないで、創造できます。

2.情報は使っても減らない
 情報は使っても減りません。むしろ使えば使うほど豊かになるという特徴を持っています。

3.情報は複製(コピー)できる
 特にデジタル情報は、簡単にまったく同じものをコピーできます。アナログ情報はそうはいきません。

4.情報は伸縮自在
尾ひれ、胸びれをつけることもできるし、針小棒大に語ることもできるし、要約することも可能です。

5.情報は即座に移動できる
地球の裏側にも瞬時に伝えることができるようになりました。国境もたやすく越えることができます。

6.表現形態(メディア)と意味(メッセージ)の二重構造がある。
 現代は「メディアの肥大化」しているとき、メディアが肥大化すればするほど、そこに流されるメッセージはやせ細る。つまり、内容のないメッセージが流れ出すというわけです。

7.情報は情報を呼ぶ(発信効果)
 よい情報を発するところにはよい情報が集まり、悪い情報を発するところには悪い情報が集まる。情報は情報を発信するところに集まるのですね。

8.情報は活用されて初めて価値を生み出す
 その情報を持っているだけ、知っているだけでは価値がない。情報は活用させてこそ価値が生まれる。

9.情報は発信者の何らかの意図を含む。
 なぜこの情報が流れているのか? そこには必ず何らかの意図が隠れています。それを読みとることは大事なことですね。

10.情報には正しいかどうかの保証はない。



posted by mrgoodnews at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 福音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。