2005年09月12日

土屋家ファミリー展のご案内


20050912009e2199.jpg父の1周忌にあたり、父の遺作の鎌倉彫や母の刺繍、子どもたちの思い思いの作品を集めてみました。
芸術一家というのとは縁遠いと思っていたのに、けっこう皆それぞれにクリエイティブライフを楽しんでいたのですね。

駅前の小さな画廊を借りて行います。
画廊の方はこういうのは初めてだといわれました。

はじめは86歳の母がこれまで造りためてきた刺繍を展示しようということで話しをもっていったら、父の鎌倉彫やフジキャビンの模型もある、妻の油絵もある、妹のトールペインティングや、弟夫妻の陶芸とフェルト人形、下の弟の天体写真も出したらといわれ、それならいっそファミリー展ということでやってみようということになりました。
ひとつひとつは、たいした作品ではないのですが、まあこうやっててんでばらばらにやってきたものを一同に並べて、自己満足的にしてみるのもなかなかいいのではないか、法事のために集まる親戚の人にも見てもらったらいいし……………。

ということで計画しました。
10月12日(水)〜17日(月)鶴見画廊です。
問題は狭い場所にどうやって作品を絞って出すかということです。
ところで、私は何を出したらいいのだ?
このBLOGを出したいところなのですが、そうもいかず……………。
お近くの方はぜひお越しください。


posted by mrgoodnews at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、映画など感動のメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。