2006年04月13日

濃い茶色の花ふたつ アオキとミツバアケビ

濃い茶色の花は珍しいが、今頃咲いている二つの花を見つけた。この花々もなかなかいい。


あおき一つはアオキ。秋から冬にかけてみのる赤い実はよく目につくが、その花はこんな花なんだと思わせるものである。「春の樹木」という図鑑には「花は雌雄異株で、枝先に紫褐色で小さな花を咲かせる」とある。






あけび他の一つはミツバアケビ。「春の樹木」という本には「花は雌雄同株で、花軸の先に雄花を株には雌花をつける。果実は紫色に熟し、裂果する。」という説明がある。
これは茶色というよりも紫色といった方がよいのかな?


posted by mrgoodnews at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物・鳥・小動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。