2008年09月30日

「た・か・く・ら」嘉門達夫著に笑って泣いて!

 「た・か・く・ら(嘉門達夫著 扶桑社刊)を読みました。5月だったか、NHKFM「トーキングウィズ松尾堂」で紹介されていて読んでみたくなったので、図書館で予約したら14人待ちでした。それがやっと手には入って読んだら、お予想どおりおもしろかったです。

 扶桑社のホームページにでていた「あらすじ」です。

 春めいて来たある朝、突然、幼なじみの高倉から電話があった。「オレ、肺がんであと三ヵ月って医者に言われてん。それにしても四十七やで。ちょっと早すぎると思わへんか?」 すべての物事を判断する基準が「オモロい」か「オモロない」かだった高倉。 とにかくコイツが死ぬまで、オモロくせんとイカンと思った僕は「おえ!高倉、葬式の最後に死んだ本人がビデオで挨拶するってオモロいと思わへんか?」と言うと「おお、オモロいがな!そんなんやってくれんの?やろう! やろう!」と言う事になり・・・・・・。子供の頃の一大イベント「大阪万博」の想い出とともに綴られる、可笑しくも切ない友情物語。


 ガンの宣告を受けて、人が死にゆく過程をこんなにオモロク語った本はないと思います。そして友人たちのバカ騒ぎに囲まれてこんなに幸福に死を迎えられることもないのではないかとも思うのです。
 そういう意味で画期的でちょっとショッキングでした。これが友情というものなのでしょうか。持つべきものはやはり友だちなのでしょうね。

 それはそうと次の予約が5人も入っているので、すぐに図書館に返さなくては。
 こんなに予約が入っている本が横浜市立図書館全部ににたった2冊しかないというのは問題のような気もするけれど……………。
 


posted by mrgoodnews at 22:11| Comment(0) | 本、映画など感動のメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。