2009年02月20日

マイズナー技法という演技法

 2月2日の朝日新聞"Be onSaturday"のフロントランナーという記事において、演出家・キャスティングディレクターの奈良橋陽子さん(61)が述べていること。

 女優を志した20代の頃、米国で「マイズナー技法」という演技法を学びました。演技は「ふりをする」のではなく、自分の中の「真実」を使う。本能的な感覚を磨き、劇中でも現実と同様に真の衝動に基づき反応するんです。役が感じる痛みや恐れはすべて自分の感情。これができる役者はたいてい海外でも通用します。英語力も必要だが、あとから付いてくる。


 この「マイズナー技法」という言葉で検索したら、多くの書き込みはこの記事に触れたものでした。
「ふりをする演技ではなくてなりきる演技」とでもいったらいいのでしょうかね。それが「自分の中の真実を使う」ということなのでしょう。
 インターネットで検索をしていたらGood News という名前のホームページを発見しました。こちらも大量の Good News を発信し続けています。



posted by mrgoodnews at 00:20| Comment(0) | 本、映画など感動のメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。