2011年02月26日

「神われらと共に」という詩と「老いの才覚」

曽野綾子著「老いの才覚」という本を友人に勧められて読んだ。
いかにも曽野綾子さんだなという感じの毅然としたあるいは凛としたその論調に感銘を受けた。

この本の帯には次のように書かれている。

年の取り方を知らない老人が急増してきた。
超高齢化の時代を迎える今、わがままな年寄りこそ大問題
自立した老人になり人生をおもしろく生きるための7つの才覚の持ち方。


そしてその「7つの老いの才覚」とは

続きを読む


posted by mrgoodnews at 11:28| Comment(0) | 詩、歌、祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。