2012年04月04日

「60歳のラブレター」落選作品

三井住友信託銀行が主催する「60歳のラブレター」に密かに応募していました。
が、先日「落選」の通知が来ました。
私としてはかなりの自信作だったのですが、やはりダメでした。



これには前にも応募したこともあったのですが、やはりだめでした。
そのときは「夫から妻にあてたラブレター」でしたが、今回は「91歳の母から65歳の子へ」という設定です。
いかがでしょうか? やはりこれじゃダメかな?
でも、これに懲りずまたチャレンジしてみます。

こちらにもあります


posted by mrgoodnews at 10:31| Comment(2) | 母の「介護」体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すてきだな、と思いましたよ(^^)
本当に困って、文句を言っているのか、それとも、愛情で言っているのかの判断が、伝わり難かったのかな、と思いました。
敢えて挙げるとすれば。
応援しています、がんばってください☆
Posted by ゆでたま at 2012年04月04日 16:37
ゆでたまさんへ>
コメントをありがとうございます。
もちろん愛情で言っているのです。

でも悲しいことにこの母は昨年11月30日に帰天しました。
もうこういうラブレターを書けなくなりました。

この次はやはり妻に書かなければと思っています。
Posted by mrgoodnews at 2012年04月04日 21:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。